Greeting代表メッセージ

社会のために役に立てる企業となる

社会のために役に立てる企業となる

弊社が設立された2008年はリーマンショックをきっかけとした100年に一度と言われた大不況時代の入り口でした。その厳しい創業期を乗り越え、当社も無事第13期を迎える事が出来ましたのも、当社のお客様、パートナー企業様、登録者の皆様、その他関係者様全ての皆様のご愛顧、ご支援の賜物であります。ここで改めて深く御礼申し上げます。

当社は『雇用創出』を経営理念に掲げ、IT事業、人材事業、クリエイティブ事業の3事業を展開しております。創業期より社会人向けPCスクールや職業訓練校と提携し、積極的に実務未経験者やロースキルの皆様へのIT技術者の自社採用や、職業紹介など、利益追求だけでなく社会に貢献できるよう、様々なビジネスを展開しております。

これまでIT事業・クリエイティブ事業では実務未経験者を積極的に採用し、手厚い研修により多くの技術者を育成して参りました。経験・スキル・年齢にとらわれず、一人でも多くの雇用を創り出すことを目標とし全社員が日々邁進しております。

2015年より『日本一エンジニア・クリエイターにやさしい会社』をコーポレートビジョンに掲げ、12種類にも及ぶ手厚い福利厚生制度を確立しエンジニア・クリエイターにとって働きやすく、成長出来る環境を実現しております。

2019年には子会社「オールビジョン株式会社」を設立し、障害のある方、LGBT(セクシュアルマイノリティ)の方々の雇用支援事業を開始致しました。このオールビジョン株式会社は2006年にノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス博士が提唱するソーシャル・ビジネス(社会問題の解決を目的としたビジネス)を展開する企業として、2019年10月に日本で44番目のユヌスソーシャルビジネスカンパニーとして正式に認定されました。

今後もドリームビジョングループとして、社会課題の解決に全力で取り組み社会に貢献して参ります。

弊社全社員が弊社のミッション、ビジョンを理解し、その指針にそって最大の努力をする事をお約束します。

今後とも変わらぬ、一層の皆様のご愛顧とご指導、ご支援賜りますようお願い申し上げます。

2020年1月
ドリームビジョン株式会社
代表取締役会長
前田 俊樹